天職のくち入れ屋 ロゴ

履歴書 手書き

 履歴書は手書きの方が良い、というのはよく言われているところです。やはり手書きの文字は、その人の人物像が見えてきやすく、採用担当者にとっては良い判断材料となります。
Last Update: 2018. 8. 3

各エントリー記事ページのヘッダー写真

履歴書 手書き

 履歴書は手書きの方が良い、というのはよく言われているところです。やはり手書きの文字は、その人の人物像が見えてきやすく、採用担当者にとっては良い判断材料となります。

 一方で、ワード形式などのフォーマットを利用してパソコンで履歴書を作成するケースも増えています。

 この場合「文字から伝わる力」がないという欠点はあるのですが、採用側では膨大な数の履歴書をデータ管理しやすいメリットもあり、応募の際、履歴書をデータとして送信することを求める企業も増えています。

 実際のところ、手書きかデータか、という点については、採用担当者側の考えによるところが大きいと言われています。

 また、応募時にはデータで履歴書を送信するよう指示し、面接時には手書きの履歴書を持参させるという、二段構えの方法が採られるケースもあります。

 日本の慣習的に言えば、やはり「文字」自体を大切にしている傾向が強いため、履歴書は原則手書き、ということになるでしょう。







お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職活動のステップ Allrights reserved.