天職のくち入れ屋 ロゴ

面接 作法

 面接の作法というもの自体は、特に存在するわけではありませんが、社会人としてのマナーは最低限守れるようにしておきましょう。
Last Update: 2018. 8. 3

各エントリー記事ページのヘッダー写真

面接 作法

 面接の作法というもの自体は、特に存在するわけではありませんが、社会人としてのマナーは最低限守れるようにしておきましょう。

 まず面接で企業を訪問した際の最初の挨拶の仕方で、第一印象がまず決まります。

 1.目をしっかりと合わせ、ハキハキと挨拶をしましょう。

 1.面接場所のドアを開ける時にはノックを忘れず、入室を促されたら中に入ります。

 1.椅子に座る時は、腰掛けることを勧められてから「失礼します」と一礼し、座ります。

 1.お辞儀は、深々と敬礼する必要はなく、背筋を伸ばし軽く上半身を折る程度にしましょう。頭だけ動かすお辞儀は軽くなり過ぎますので、気をつけましょう。

 また尊敬語と謙譲語を取り違えないよう、最低限当たり前の敬語くらいは使えるようにしておきます。これは面接の作法というよりも、相手を訪問する際の基本的なマナーと言った方がよく、採用担当者はこういった基本的ビジネスマナーができている人物かどうかを、見ているのです。







お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職活動のステップ Allrights reserved.