天職のくち入れ屋 ロゴ

役員面接

 通常の採用選考では、履歴書による書類選考を経て面接へと進みますが、現場責任者による面接から採用されるまでの間には、2回以上の面接を繰り返すことが一般的です。
Last Update: 2018. 8. 3

各エントリー記事ページのヘッダー写真

役員面接

 通常の採用選考では、履歴書による書類選考を経て面接へと進みますが、現場責任者による面接から採用されるまでの間には、2回以上の面接を繰り返すことが一般的です。

 役員面接など幹部クラスによるものは最終面接になることが多く、場合によっては採用前提の顔合わせ的な意味合いを持つこともあります。

 吟味される内容も、一次面接では現場レベルで通用するスキルがあるか、協調性を持って職場に馴染めるかなどの面が見られたのに対し、

 役員面接ではそういったスキルチェックを通過した前提のもとに、最終的な人物考査を行います。

 役員は経営側に最も近い位置にいますので、その人が本当に会社にとって利益となる人物か、熱意はどうかなどを鋭く判断します。

 このため役員面接では、キャリアやスキル面でのアピールよりも、飾ることのない素直な熱意によるアピールの方が、会社に対する情熱として好評価を受けるようです。







お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職活動のステップ Allrights reserved.