天職のくち入れ屋 ロゴ

転職での面接

 あなたが型破りな人で、その特徴をみて欲しいと思っていても、社会人としてのルールとマナーの最低限のところは、しっかりと押さえて面接に向かう必要があります。

 ・通された部屋で、面接官を待っている間に、雑誌を読んだり、灰皿があってもたばこを吸うのは、止めておきましょう。面接官が入室したとき分かります。

 ・面接官が入室したら、立ち上がって、「よろしくお願いします」と軽くおじきをします。

 ・経験してきたことで、自分を紹介できるものや、文書があれば(前の会社の社外秘は、絶対まずいですが)、あとで見てくださいといって渡しましょう。


Last Update: 2018. 8. 3

各エントリー記事ページのヘッダー写真

転職での面接

 あなたが型破りな人で、その特徴をみて欲しいと思っていても、社会人としてのルールとマナーの最低限のところは、しっかりと押さえて面接に向かう必要があります。

最初のマナー

 ・通された部屋で、面接官を待っている間に、雑誌を読んだり、灰皿があってもたばこを吸うのは、止めておきましょう。面接官が入室したとき分かります。

 ・面接官が入室したら、立ち上がって、「よろしくお願いします」と軽くおじきをします。

自己PR

 ・経験してきたことで、自分を紹介できるものや、文書があれば(前の会社の社外秘は、絶対まずいですが)、あとで見てくださいといって渡しましょう。面接官が関心を持てば、聞いてきます。

 ・面接官の質問に対して、素直に答えましょう。体験してきたことや知識を、おおげさに言ったり、知ったかぶりは、すぐに分かってしまうので、マイナスです。止めておきましょう。

対人関係のマナー

 ・面接官の目をみて、話をしましょう。これは、最低限のマナーです。ときどき目をそらすのは、構いませんが、下を向いたまま、いちども顔をあげずに会話をするために落とされた人もいます。

 ・元気がない、覇気がない人と見られるのは大きなマイナスです。どうしても入社したいという積極性を前面に出しましょう。そうすれば、話す言葉もしっかり出て、熱意も伝わります。

マナーと礼儀

 ・面接が終わりの場面では、「本日は、ありがとうございました。」とお礼をいいましょう。合否の連絡方法については、ここで確認しておきます。良い返事を待っているという熱意も大切です。







お役立ち情報カテゴリー
PR
  
 
PR
  
PR
  
  
  
  

Copyright(C) 2006 - 天職のくち入れ屋: 転職活動のステップ Allrights reserved.